2021/12/15 (WED)

「リサーチ?チャレンジ2021-2022」の日本大會で経済學部石田ゼミのチームが最終審査に進出

キーワード:學生の活躍

OBJECTIVE.

財務分析のスペシャリストを育成するCFA協會(Chartered Financial Analyst Institute、本部アメリカ?バージニア州)が主催する「リサーチ?チャレンジ2021-2022」の日本大會が8月7日(土)から12月4日(土)にかけて開催され、経済學部石田惣平ゼミのチーム(指導教員:石田惣平、メンバー:寺崎維舞輝さん、広沢沙季さん、村田桃萌さん、原田海夕さん、園村謙介さん)は惜しくも優勝は逃したものの、すべて2年次生から構成されるチームとしては大會史上初となる最終審査への進出を果たすなど健闘しました。

左から 園村 謙介さん、村田 桃萌さん、寺崎 維舞輝さん、広沢 沙季さん、原田 海夕さん

CFA協會リサーチ?チャレンジは、年に一度開催されるグローバルな大會です。毎年、世界の900を超える大學から約5,000人の大學生?大學院生が參加し、英文調査レポートの內容および英語によるプレゼンテーションと質疑応答の質により審査が行われます。

日本大會は、CFA(R)資格を有する一流の金融専門家と、參加大學の教授陣等、學生の將來を応援する約80名のボランティアで運営されています。金融業界の將來を擔う若い人材の育成と実踐教育の場として、産業界、教育界からも注目を集めています。

本大會には26チーム出場し、最終選考殘ったのは8チーム(一橋大學2チーム、神戸大學1チーム、京都大學1チーム、名古屋大學1チーム、立教大學1チーム、立命館アジア太平洋大學1チーム、東京大學1チーム)でした。

最終審査は學生チームによるプレゼンテーションを審査員が審査し、優勝チームが決定。表彰式は同日執り行われました。
草蜢社区在线观看免费下载