2021/12/07 (TUE)

経済學研究科研修生の細川貴徳さんが「第30回租稅資料館賞」を受賞

キーワード:研究活動

OBJECTIVE.

11月25日(木)、公益財団法人租稅資料館が主催する「第30回租稅資料館賞」において、経済學研究科坂本雅士研究室の細川貴徳さん(経済學研究科研修生、2021年3月同研究科博士前期課程修了)の論文「企業會計の変容と法人稅法の対応ー解釈論と立法論の雙方に焦點をあてながらー」が奨勵賞を受賞しました。

「租稅資料館賞」は、稅法學並びに稅法と関連の深い學術の研究を助成することを目的に、稅法等に関する優れた著書及び論文に対して表彰が行われます。
當論文は日頃の研究成果であり、入選論文は「租稅資料館賞受賞論文集」としてまとめられ全國の大學、研究機関、図書館等に寄贈されます。

11月29日(月)に、リーガロイヤルホテル東京(東京都新宿區)にて表彰式が開催されました。

研究概要

長らくわが國の課稅所得算定の歴史を紡いできた確定決算の思考に係る誕生の経緯と現行の諸論點、さらに今後の発展の可能性に関して、解釈と立法の雙方の観點より接近することで、その本質を追究しました。

コメント

COMMENT

経済學研究科研修生、2021年3月同研究科博士前期課程修了
細川 貴徳さん

この度は「租稅資料館奨勵賞」の表彰をしていただき誠にありがとうございます。
執筆した論文は、坂本先生をはじめとする本學や他大學の先生方、さらに入學前よりお付き合いのある稅理士の先生方からの多大なご支援のもとに成り立っております。そして何より、いついかなる時も私を応援し続けてくれた両親を含め、お世話になった全ての方々に感謝の意を表したく存じ上げます。
本研究では、広域に渡る標題の1つの側面を解明したに過ぎず、さらなる発展が見込まれる章目もございます。よって今回の受賞に安住することなく、表彰は1つの試金石として、與えられた機會を最大限に発現し、初心を忘れず今後も精進して參る所存でございます。

草蜢社区在线观看免费下载