公開シンポジウム「「アジアン?ヘイト」とはなにか——「いま」の依拠する歴史と構造」

INFORMATION

  • 2022年1月22日(土)14:00~17:00
  • オンライン開催

合衆國におけるアジア系住民を狙った憎悪犯罪の報道が、耳目を集めるようになって久しい。この事態は、同國で 70 萬人以上の命を奪ってきた新型コロナウィルス感染癥の責任を、「中國」に帰そうとした前大統領に助長されたと見なされている。これは、パンデミックのいわゆる猛威が、「アジア人」への憎悪の形で現れていること、ひいてはパンデミックというもの自體が、公衆衛生上の事件にとどまらず、政治的?文化的事件でもあるということを明示している。だが、同國において、アジア系への偏見や差別はいまに始まったことではない。アメリカ社會は、長く放置してきた問題への直面を、むしろ改めて強いられているのだ。本シンポジウムでは、歴史學、社會學、政治學の領域で、同問題を先端的に考究してきた研究者を招聘し、現狀況を出來させた歴史と構造の両方を解き明かすことを目的とする。

講師

同志社大學グローバル地域文化學部教授
和泉 真澄(いずみ ますみ) 氏

同志社大學大學院アメリカ研究科博士課程修了。博士(アメリカ研究)。同志社大學言語文化教育研究センター準教授などを経て、2013年より現職。専門は、日系アメリカ人?日系カナダ人文化史。著書に『日系カナダ人の移動と運動——知られざる日本人の越境生活史』(小鳥遊書房、2020、2021年度國際カナダ研究カウンシルPierre Savard賞?外國語出版賞受賞)、The Rise and Fall of America’s Concentration Camp Law: Civil Liberties Debates from the Internment to McCarthyism and the Radical 960s (Temple University Press, 2019)、『日系アメリカ人強制収容と緊急拘禁法——人種?治安?自由をめぐる記憶と葛藤』(明石書店、2009年)がある。

立命館大學國際関係學部教授
南川 文里(みなみかわ ふみのり) 氏

2001年一橋大學大學院社會學研究科博士後期課程単位取得退學、2006年博士號取得。神戸市外國語大學準教授、カリフォルニア大學バークレー校エスニックスタディーズ學部客員研究員などを経て、2016年より現職。専門は、社會學?アメリカ研究。著書に『アメリカ多文化社會論【新版】——「多からなる一」の系譜と現在』(法律文化社、近刊)、『未完の多文化主義——アメリカにおける人種、國家、多様性』(東京大學出版會、2021年)、『「日系アメリカ人」の歴史社會學——エスニシティ、人種、ナショナリズム』(彩流社、2007年)などがある。

高崎経済大學経済學部準教授
三牧 聖子(みまき せいこ) 氏

2012年東京大學大學院総合文化研究科博士號取得。米國ハーバード大學、ジョンズホプキンズ大學研究員、関西外國語大學助教等を経て、現職。専門は、國際政治學、平和思想、アメリカ研究。主な著書に『戦爭違法化運動の時代——「危機の20年」のアメリカ國際関係思想』(名古屋大學出版會、2014年、2015年度アメリカ學會清水博賞)、共訳書にヘレナ?ローゼンブラット著『リベラリズム——失われた歴史と現在』(青土社、2020年)などがある。

討論者

本學社會學部助教、アメリカ研究所所員
明戸 隆浩

司會

本學文學部文學科英米文學専修教授、アメリカ研究所所長
新田 啓子

詳細情報

名稱

公開シンポジウム「「アジアン?ヘイト」とはなにか——「いま」の依拠する歴史と構造」

內容

和泉 真澄 氏
「労働?病原菌?人種——コロナ黃禍論からひも解くアジア系アメリカ史」
南川 文里 氏
「もうひとつのアジア系差別?——エリート大學における「公平な入試」論爭から考える」
三牧 聖子 氏
「ヘイトの時代と政治研究」

対象者

本學學生、教職員、校友、一般

申し込み

  • 事前申し込み 必要
  • 參加費 無料

以下のwebサイトよりお申し込みください。

主催

アメリカ研究所

備考

お問い合わせ

アメリカ研究所事務局(擔當:三浦)

草蜢社区在线观看免费下载